脳神経外科

脳神経外科

「脳神経外科」とは、国民病とも言える脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)をはじめ頭部外傷、脳腫瘍、てんかん、パーキンソン病、先天性疾患、脊髄・脊椎・末梢神経疾患など多くの病気を対象としています。

診療方針

頭痛、めまい、しびれ、もの忘れなどの症状を日常に感じていて少し気になりつつも、総合病院などの大病院の脳神経外科への受診はちょっと怖いといった先入観や、「このくらいで受診しても良いのだろうか?」といった敷居の高さを感じて結局受診せず、結果的に早期診断や治療の遅れを招くことが往々あります。

私たちは脳や神経の専門的な検査や治療を地域の皆様に“もっと身近に”提供したいという思いから、頭部MRI装置2台、頭部CT装置1台などを全国的にも最先端の装置を導入し治療にあたっています。また脳卒中の予防的な治療にも重点をおき、高血圧、高脂血症、(コレステロールや中性脂肪が高い)糖尿病などの基礎疾患のコントロールもあわせておこなっています。

さらに病気によっては入院治療、手術、リハビリなどが必要な場合があります。そういった場合も、当院でそのまま入院治療、リハビリをしていただいたり、患者様の状態に応じて、近隣の連携をとっている病院などもご紹介させていただいています。

現代の医学はまさに日進月歩であり、脳疾患の治療、手術、予防に関しても、様々な知見が日々集積されつつあります。そのため常に最先端の知識をもって診療にあたり、これら技術を患者様にご提供させていただいています。