ホーム > 看護部 > 大平会 看護部について

大平会 看護部

大平会 看護部のテーマ、それは人と人の「和」

  • 嶺井第一病院 看護部
  • 嶺井リハビリ病院 看護部
  • 介護老人保健施設にしばる 看護部

大平会 看護部について

嶺井第一病院 総看護師長・仲地 正壽

私達は元気いっぱい、笑顔あふれる看護部をモットーに機能の異なる3つの施設を支えています。急性期からリハビリテーション、療養、介護まで様々なステージの利用者の方に対し、やさしい言葉と態度で接し、高度な知識と技術を安心して提供できる看護師、介護士の育成に力を入れています。

また、職員の健康管理やワークライフバランスの実現に力を入れており、全ての世代のスタッフがいきいきと個々の能力が発揮できる働きやすい職場です。最近では、医療業界も電子カルテの導入など急速にIT化が進んでおり、看護師も例外なく順応を求められます。そんな流れの速い職場環境ではありますが、今後も「和」というアナログ的なつながりを大切にできる看護部を目指し努力をしています。

理念

1,いつも笑顔で健康です。
看護部のスタッフは健康でなければいけません。私たちの心と身体が健康であれば、看護・介護サービスの質が保証されることは勿論のこと、職場環境の向上につながっています。ワークライフバランス向上それは「笑顔」と「健康」なのです。
2,やさしい心で接します。
私たち、看護部は現場の最前線で日々戦っています。精神的なストレスや肉体的ストレスも多くあるでしょう。しかし、そんな辛い仕事でも、患者さんはやさしい言葉を待っています。質の高いサービスを提供するには、皆様のやさしい心からの一言なのです。そのやさしい心が患者さんの生きる力をサポートするのです。
3,チームワークを大切にします。
患者さんを中心としたチーム医療を実現させるためには、看護部の力が重要となります。多くの職種との連帯や交代制勤務を成功させるには、相談、連絡、報告がチームワークのカギです。看護部はそのチームワークを大切にすることで患者さんの安全、安心を確保しなくてはいけません。

ページトップへ