ホーム > 高齢者住宅「おおひら」 > 高齢者住宅「おおひら」とは

高齢者住宅「おおひら」

高齢者住宅「おおひら」とは

高齢者住宅「おおひら」の外観・内観写真

21世紀を迎え、高齢者のいる世帯が全体の約3割を超え、2015年には、さらに約4割に達し、その約半数が高齢単身・高齢夫婦世帯になるといわれています。すべての人が安心してこころ豊かに高齢期を過ごせるような、生活の基盤としての住まいの整備を進めるため、完成したのが高齢者住宅"おおひら"です。

高齢社会を支える住まいづくりには、高齢期のからだの変化に配慮した住宅の普及や、高齢者向けの賃貸住宅の供給、保健・医療・福祉と連携した日常生活支援の提供、暮らしに安心をもたらす地域社会づくりなどの幅広い課題に対応する必要があります。

高齢者住宅"おおひら"は、高齢者の要望に沿うよう、嶺井第一病院の敷地内に配備することで、より安心して暮らせる住まいとなっております。

ページトップへ